エキスパートじゃないとダメなの?

本日の感謝祭(2019年4月21日in名古屋)にて、新たなエキスパートの条件が発表されましたね。

新たなエキスパートの条件

  • 称号「狂想の死闘奮迅」の獲得(独極訓練:狂想と幻想をSランクでクリア
  • 称号「幻創母神を超えし者」の獲得(T:輝光を砕く母なる神をSランクでクリア

どちらもソロコンテンツをSランククリアでもらえる称号ということで、妥当と言えば妥当だと思います。

個人的にはもっと厳しくてもいいと思います。

私も「幻創母神を超えし者」は未取得なので、とりあえず挑戦はするつもりですが・・・(2019年4月22日に称号取得しました。)

そもそもエキスパートとは?

発表後、Twitterなどでは賛否別れていた感じではありますが、そもそもエキスパートって一部のプレイヤースキルが高い人が達成できる状態でいいと思うのです。

エキスパートと非エキスパートでは、当然ながらエキスパートの人口の方が少ない感じで、限られた人だけが行ける形でいいのではないのでしょうか?

もちろん、その方たちは熟練プレイヤーなわけですので、緊急クエストのスピードは違います。

季節緊急ですと、その周回数が躊躇に出たりしますが、その人たちも頑張ってその結果をだしているわけですので、不公平でもなんでもないですよね?

非エキスパートはダメなの?

非エキスパートがダメではなく、これが普通。

こんな考えでないとダメだと思うのです。

もちろん、このように分別すること自体があまり良くないと言えば良くないのですが、このような経緯になったのは、一部のプレイヤーが難易度にそぐわない装備品で参加したり、クエストに参加しても放置行為を行い、他プレイヤーに迷惑をかけていたからですが・・・

それはエキスパートでも非エキスパートでも変わらないと思います。

大切なのは

周囲に迷惑がかからないように、プレイヤーそれぞれが、その難易度にあったレベルや装備をして、クエストに参加する。

レベルはエクストラハード(XH)以上に満たしていても、装備が心もとない人もいれば、不慣れなクラスで自信のない人などもいると思います。

そんな時は難易度をひとつ下げて行けばいいと思います。

最近ですと、エクストラハード(XH)とスーパーハード(SH)の違いは、★14以上の武器が落ちるか落ちないかなどになっていますし、スーパーハード(SH)でも十分な場合があります。

自分にあった難易度で遊ぶこと。

これが一番大切なことなのではないのでしょうか?

また、エキスパートを取得していないからと、相手を見下す方もいますが、そういう人は無視すればいいと思います。

エキスパートでなければダメ!!というわけではないので、楽しく遊んでいきましょう(/・ω・)/

LINEで送る
Pocket

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください